スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:-- |スポンサー広告

「ファンドとリス」始動しました!

専用のフェイスブックページhttps://www.facebook.com/fandolis
ツイッターhttps://twitter.com/info_fandolis
よろしくお願いいます!!

【公演情報詳細】

勝田演劇事務所プロデュース公演 No25
アラバール2本立て
「ファンドとリス」「二人の死刑執行人」
作・フェルナンド・アラバール
訳・若林彰
演出・古勝 敦

【出演】
吉田侑生
森下くるみ
村松恭子
坂元貞美
宮島 健 
須田真魚
岩戸秀年

二瓶鮫一

【スタッフ】
美術・加藤ちか
照明・光田卓郎
音響・小沢高史 
衣裳・原田夏おる
劇中歌作曲・安保由夫
編曲・大貫誉
舞台監督・向井一裕
演出部・後藤絢子 鈴木愛子
制作・山田杏子
企画製作・勝田安彦

【日時】
2015年11月25(木)~30(月)
受付開始は開演の60分前、会場は30分前です。

11/26 19:00★
11/27 19:00★
11/28 14:00 / 19:00★
11/29 14:00
11/30 14:00

★の回は終演後にアフタートークあり。
アフタートーク出演
古勝敦+森下くるみ
日替わりスペシャルゲストを予定
(ゲストは公式FBやTwitterなどで告知いたします)

【チケット】
入場料(全自由席) / 一般 4,500円 学生 3,000円
チケットお申込み 9月28日(月)10時より発売

ぴあ Pコード:446277 興行コード:1537095
カンフェティ http://confetti-web.com
0120-240-540(受付時間 平日10:00~18:00)
こりっち http://stage.corich.jp/
勝田演劇事務所 チケット申し込み
080-9556-0079(受付時間 12:00〜21:00)

※前売り券をお持ちの方には「ファンドとリス」オリジナルポストカードをプレゼント。

【会場】
D倉庫
会場アクセスは・・・
http://www.geocities.jp/azabubu/map_d.html
(最寄り駅・日暮里)

公式Twitter
https://twitter.com/info_fandolis

オフィシャルwebサイト
http://www.fandolis.com/ (まだ工事中ですm(__)m)
11874757_10205682424438832_763722602_o.jpg
2015/08/30 (Sun) 14:29 |演劇  |トラックバック(0) |コメント(5)

コメント

良い舞台になるといいですね!

某サイトで映画などのレビューを書いている者です。私がアラバールについて書いた雑文が、関係者の方々のご参考になった旨のコメントを頂きました。大変光栄に存じます。
ファンドはアラバール自身の分身だそうですね。リスは、アラバールの最初の奥様の名前から取ったとの事です。ちなみに、若き頃のアラバールとリスの顔写真は、ホドロフスキーの自伝本「リアリティのダンス」の中で見ることができます。
ご参考までにと思い、書かせて頂きました。

舞台の成功を心よりお祈りしております。
2015/09/12 (Sat) 19:36| URL | Bo-he-mian #- [編集]

Re: 良い舞台になるといいですね!

BO-he-mian様
制作をやっております村松と申します。
コメントありがとうございます!!ブログの確認が遅くなり、大変失礼しました。
はい、アマゾンでのレビュー、素晴らしすぎてびっくりしながら、有難く参考にさせて頂きました。
秋にこの芝居を上演するとなってから、関係者で手さぐり状態で勉強しております。
アラバールについて書かれた資料が手に入りにくく、困っていたところです。
なので、あなたさまのレビューをコピーして参考資料にさせて頂いています。
「リアリティのダンス」、映画は観たのですが本はまだ読んでいませんでした。早速入手いたします!
「大典礼」は昔パルコで観て、凄まじいと思って印象に残っております。
今回「ファンドとリス」がどんな形になるか、怖さと期待で一杯です。
是非またご意見などお聞かせいただけないでしょうか?
舞台もお時間がありましたら、是非ご招待させて頂きますので足をお運び下さい。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
本当にありがとうございました。
                        村松恭子

> 某サイトで映画などのレビューを書いている者です。私がアラバールについて書いた雑文が、関係者の方々のご参考になった旨のコメントを頂きました。大変光栄に存じます。
> ファンドはアラバール自身の分身だそうですね。リスは、アラバールの最初の奥様の名前から取ったとの事です。ちなみに、若き頃のアラバールとリスの顔写真は、ホドロフスキーの自伝本「リアリティのダンス」の中で見ることができます。
> ご参考までにと思い、書かせて頂きました。
>
> 舞台の成功を心よりお祈りしております。
2015/09/21 (Mon) 09:41| URL | sherlock.non #- [編集]

お返事ありがとうございます!

村松恭子 さま

お返事頂き、ありがとうございます。アラバールは、日本の演劇界では結構知られている人だと思っていましたが、やはり現在は資料などはあまりないのですね。私の駄文をサブテキストにして頂いているとお伺いし汗顔の至りですが、少しでもお役に立てればこれほど嬉しい事はありません。
ご招待して頂けるとお伺いし、誠にあつかましいとは存じますが、ぜひ一度アラバール劇を観てみたかったので、お言葉に甘えさせて頂きたいと思います。
私個人の予定としまして、空いている日は26日(木)か28日(土)になります。そちらのご迷惑にならない方でかまいません。
私の本名をお伝えすればよろしいでしょうか?
携帯のメールアドレスは記載しましたので、そちらにご連絡して頂いてもかまいません。
よろしくお願いいたします。

尚、携帯のメルアドは非公開でお願いします。
2015/11/04 (Wed) 17:09| URL | Bo-he-mian #- [編集]

Re: お返事ありがとうございます!

> 村松恭子 さま
>
> お返事頂き、ありがとうございます。アラバールは、日本の演劇界では結構知られている人だと思っていましたが、やはり現在は資料などはあまりないのですね。私の駄文をサブテキストにして頂いているとお伺いし汗顔の至りですが、少しでもお役に立てればこれほど嬉しい事はありません。
> ご招待して頂けるとお伺いし、誠にあつかましいとは存じますが、ぜひ一度アラバール劇を観てみたかったので、お言葉に甘えさせて頂きたいと思います。
> 私個人の予定としまして、空いている日は26日(木)か28日(土)になります。そちらのご迷惑にならない方でかまいません。
> 私の本名をお伝えすればよろしいでしょうか?
> 携帯のメールアドレスは記載しましたので、そちらにご連絡して頂いてもかまいません。
> よろしくお願いいたします。
>
> 尚、携帯のメルアドは非公開でお願いします。
2015/12/31 (Thu) 23:38| URL | sherlock.non #- [編集]

Re: Re: お返事ありがとうございます!

Bo-he-mianさま

本当に申し訳ありません!!!!!
先程メールに気がつきました!!実はパソコンに弱く、ブログの仕組みも良くわかっておりません。
ご招待すると言っておきながら、返信に気づかず、無視する形になってしまい、取り返しのつかないミスにどうお詫びを申し上げたらよいものかわかりません。
お時間を作ってくださろうとしたのに観て頂けず、残念でなりません。アラバールの世界が上手く表現出来たかはわかりません。でも、とてもとても好きな芝居でした。残酷なまでに純粋な人物たちがいとおしかったです。春先にはDVDを作りますので、可能でしたらプレゼントさせてください。おきに召すかわかりませんが、せめてものお詫びに。本当に失礼してしまい、申し訳ありませんでした。 村松恭子

> > 村松恭子 さま
> >
> > お返事頂き、ありがとうございます。アラバールは、日本の演劇界では結構知られている人だと思っていましたが、やはり現在は資料などはあまりないのですね。私の駄文をサブテキストにして頂いているとお伺いし汗顔の至りですが、少しでもお役に立てればこれほど嬉しい事はありません。
> > ご招待して頂けるとお伺いし、誠にあつかましいとは存じますが、ぜひ一度アラバール劇を観てみたかったので、お言葉に甘えさせて頂きたいと思います。
> > 私個人の予定としまして、空いている日は26日(木)か28日(土)になります。そちらのご迷惑にならない方でかまいません。
> > 私の本名をお伝えすればよろしいでしょうか?
> > 携帯のメールアドレスは記載しましたので、そちらにご連絡して頂いてもかまいません。
> > よろしくお願いいたします。
> >
> > 尚、携帯のメルアドは非公開でお願いします。
2016/01/01 (Fri) 03:07| URL | sherlock.non #- [編集]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

sherlock.non

Author:sherlock.non
勝田演劇事務所は主に翻訳劇・ミュージカルを上演しています

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。