FC2ブログ

「アラバール2本だて『ファンドとリス』『二人の死刑執行人』」本日いよいよ最終日!

本当に幕が開くのか?などと何度も思った作品でした。けれど魅力的で個性的で心美しい俳優陣、どんな時も動じず情熱的に仕事を続けてくれたスタッフに支えられて、お客様をお迎えすることが出来ました。
可愛らしいチラシからは想像しにくい激しいストーリー、受け入れられるかとても心配でした。
でも、私がこの作品を通して伝えたかったこと以上の多くを感じていただいて、とても嬉しかったです。
パルコで若松武史さん、三輪明宏さん主演の『大典礼』を観てアラバールが大好きになり、それから30年以上も夢見た『ファンドとリス』。20代の私は「リス」の役をやりたかったのです。でも、かなわずに時は過ぎました。
今回、「かもめ」でご一緒した吉田侑生さんを見ていて「ファンド」にぴったりだと思い、映画監督の古勝敦さんにご相談して、森下くるみさんを「リス」に推薦して頂きました。
そして同じ全集の中の『二人の死刑執行人』を読んで、これは物語の前編として考えられ、尚且つ私も俳優として参加できるのではないかと(勝田演劇事務所は演出家の夫と、俳優の私の二人でやっています)2本立てにしました。
そして何故か『青い風船』という一幕劇が気になり、これはピアニストが拘束された男を連れた女から青い風船を貰っていくうちに手足が不自由になり、それでもピアノを弾いていこうとする話で、なんとかイメージだけでも入れられないかとバイオリンを見事に弾く須田真魚さんをキャスティングし、演出を引き受けて頂いた古勝さんにお話しして開場時間にねじ込んで貰いました。
他のキャストは私が一度ご一緒したかった二瓶鮫一さん、坂元貞美さん、岩戸秀年さん、そして長年ご一緒していなかった第三エロチカの大好きな先輩、宮島健さん。絶妙なバランスの方が揃いました。
美術は加藤ちかさん。やはり私の古い仲間です。
音楽は、急逝された安保由夫さん。唐ゼミを観に行って、そのまま作曲をお願いし、素晴らしい歌を二つ、残してくれました。
チラシも綺麗に仕上がり、古勝さんには特設ページやイメージ動画まで作って頂いて。
こんなに恵まれた状況にも関わらず芝居は生もので、稽古は苦戦しました。
ゲネの直前まで本当にいろいろありました。安保さんも亡くなられ、他にもあまりに辛い別れがありました。
長いことぬくぬくと芝居をやっていた私は忘れていましたが、本来芝居とはこういうものなのかもしれません。。
そしてようやく蓋が開くと、私が思っていた以上に美しくて切ない、けれど残酷な物語がそこにちゃんと語られていました。
今の私たちにとってもとても身近に感じられる、時代に飲み込まれ押しつぶされる人間の苦悩と究極の愛、自由への希求を描きたかったのです。
しっかりとご自分のポジションを守って作品を愛し、陰影ある人物を作り上げてくれた俳優陣と、プロフェッショナルなかっこいいスタッフ、そして何より、観に来てくださったお客様に心からの感謝を捧げます。
今日あと1ステージ、愛しい仲間たちと駆け抜けて行きたいと思います。
                                             村松恭子
12291193_980167825377135_6461673849615290549_o.jpg
吉田侑生 森下くるみ
12291973_979928022067782_7277919533957153984_o.jpg
二瓶鮫一 坂元貞美 宮島健
11056436_979842025409715_6745051669578106681_o.jpg
岩戸秀年
12314479_978793975514520_409178104623745544_o.jpg
須田真魚
12268679_692370747567132_1579681577_o_20151130085047b53.jpg
ベル 鈴木愛子 吉田侑生 古勝敦 椹裕久 村松恭子 後藤絢子
12239234_976847135709204_2997224678544040396_o.jpg
吉田侑生
12248041_976581429069108_631072918717197392_o.jpg
森下くるみ
12291830_979835692077015_3147680763304592983_o_2015113008475913f.jpg
二瓶鮫一
12304053_980145308712720_3065334499695673768_o.jpg
坂元貞美
12273687_976649475728970_6989931424077135825_o.jpg
宮島健
12247670_976805012380083_3776822434827096591_o.jpg
村松恭子




2015/11/30 (Mon) 08:21 |演劇  |トラックバック(0) |コメント(0)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

sherlock.non

Author:sherlock.non
勝田演劇事務所は主に翻訳劇・ミュージカルを上演しています

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR